学校紹介

ごあいさつ

我が国の医療をめぐる環境は、人口構造や疾病構造が急速に変化し、患者・住民のニーズも多様性・複雑性を増しています。

こうした変化に合わせて、患者のケアを中心的に担う看護職の就業場所は、医療機関に限らず在宅や施設へ広がり、多様な場において、医師など多職種と連携して適切な保健・医療・福祉を提供することが期待されており、患者の多様性・複雑性に対応した看護を創造する能力が求められています。

 心身を病める人を理解するためには、患者に寄り添い細やかな看護を行い人間としての喜び、悲しみ、苦しみなどをいかに共感できるかが看護職にとって重要な要素となります。

 自らの使命感、倫理観を持ち、自分の中で育てていくとともに、常に自己研鑽に努め「人」として成長し続けてください。

 それが生命にかかわる仕事に携る者の責務であると考えます。

教育理念

本校は昭和41年開校以来、生命の尊厳と人間の尊重を基盤として豊かな人間性を養い、論理的配慮のもと主体的に行動し、安全な看護が提供できる専門者を育てさらに生涯にわたり自己研鑚に努める人材を育成することをモットーに、新しい時代の医療に即した、優れた看護師の養成を目指しております。卒業生は、堺市地区を中心に地域医療の担い手として活躍しています。

教育目的

准看護師・看護師として安全で質の高い看護を提供するために必要な専門的知識・技術を身につけると共に、問題解決能力や倫理観を育てます。また、それらを通じて豊かな人間性や豊かな感性、自立性をもたせ、社会に貢献し得る有能な人材を育成することを目的としています。

教育目的

特色

特色

緑豊かな環境の中、整った教育設備で学習ができます。また充実した教育スタッフが看護の人材を育成します。

【学びながら働ける】
看護第2学科、准看護科については授業のない時間を利用して働くことも可能です。
職場が医療機関であれば現場の経験を学び、学校の知識を職場に活かせます。

注)学校が職場を斡旋するものではありません。

本校の沿革

History of Sakaikango Nursing School

昭和37年4月和泉高石医師会と堺市医師会の有志会員によって、阪南准看護学院を開設
昭和37年8月准看護婦養成所として指定を受ける
昭和41年4月堺市医師会に移管され、堺市医師会附属阪南准看護学院となる
昭和48年4月堺市医師会附属堺准看護学院と名称を変更する
昭和60年4月新校舎を堺市北区新金岡町5丁10番1号に建設、看護専門課程・看護科と看護高等課程・准看護科の2課程を有する堺看護専門学校となる
平成20年4月准看護科学年定員40名とする
平成21年4月看護専門課程3年課程全日制看護第1学科を開設、看護科を看護第2学科とする